頭を柔軟にして、いっぱい試行錯誤してみよう!

昨夜自分の作業を進めるための
平面を用意する方法について予習した

3つの円が並んでいるモデルは簡単だった。

正面・平面・右側面とあらかじめ用意されている。

今回は、正面に円を3つ描き、
カタチを整えて、中間平面を指定して押し出した。

次に立っている円筒を描くために、
右側面の原点を移動した新しい平面を
「参照ジオメトリー」を使って用意する。

新しい平面の原点を通る中点線を引いた。

このあとの作業をしやすくするために
スケッチを表示させておく。

表示させていスケッチをクリックして、
目のアイコンをクリックして表示する。

スケッチを表示させておくもう一つの方法は
履歴ツールの右上の>マークをくりっくすると、
右側に表示を調整する枠がでる。

この枠を使って表示の制御できるんです。

復数のスケッチの表示/非表示を制御できるから便利。

昨日は、当初、、新しい平面に対して
90°回転した新しい面を作ってその面に円を描こうと思った
が、平面を用意する方法がよくわからなくて、
行き詰まってしまった。

今日最初に「参照ジオメトリー」の座標系の移動を試みた。

確かに、この方法で簡単に1本の円筒を作成することができた。

しかし、線分の中心から円をずらさなくてはいけないから、
ここでまたまた思う通りに動いてくれなくなった。

寸法線を使って移動を試みたけど
何度やってもうまくいかない。

3Dモデルでの寸法線をいれるは容易では無いようだ。

ココはもう少し勉強せねばいけないところだ。

何度もなんども失敗を繰り返すうちに、
これって新しい平面をわざわざ作成しなくてもよいことに気づく。

わざわざ新しい平面の原点に円を描かなくても、
先ほど用意した平面に引いた中点線を使えばよいのだ。

簡単に円筒の輪郭となる円が描けるではないすか。

先ほど用意した平面の原点を中点とした線を引いたから、
平面をスケッチ面にして線の中点に円を描くだけ。

なーんだ簡単!

後は、Y方向に7mm円を移動してから押し出せばよい。

最初は、円の移動は寸法線を利用しようと思ったけど、
何度寸法値を入れようとしても
思うように寸法線が入れられなかった。

このあたりは、まだまだ理解していないなぁって思う。

実際に図面に落としたら寸法はどおりにモデリングできたみたい。

そこで、寸法値にこだわるのをやめて移動することに。
そう、もっとシンプルに考えればいいと気づいた。

仕上げにフィレットを入れて完成!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする