スナップのコツ、スケッチを表示しておくんです!

セミナーを先週末受けて、
あ~んなに悩んでいたスケッチのエンティティを
つかまえられようになった。

結論を言うと、
「スケッチを表示しておく!」
ってこと。

これなら、新しくスケッチを描く時に、
前に描いたスケッチのエンティティーを利用できる。

それともうひとつ、
「必要なら、
前に描いたスケッチのエンティティーを
コピーしてきてしまえ」
なの。

あとは、
スケッチ描いて押し出してモデル
とひとつひとつつくっていってもいいけど、
ある程度スケッチを描いてしまったほうが
モデルが邪魔にならずサクサク作業が進むときもある。

モデリングは計画的に!

どういう輪郭を描き、最終形にするかを
十分考えて作図作業に取り掛かることがポイント。

スケッチを表示する

スケッチをフィーチャーの押し出して3Dモデルにすると
スケッチが自動的に非表示になる。

で、今までの私、
3Dモデルをマウスでポイントすると
オレンジ色になるけど、
3Dモデルのエッジをつかまえていた、

スケッチのエンティティーのエッジをつかまえたわけではない。

だから、中点や中心点をつかめることができなかった。

スケッチを表示するには、
①フィーチャーマネージャーの履歴ツリーで
目的のスケッチをクリックして選択する。

➁スケッチを選択すると
コンテキストメニューが表れるので

目のカタチをしたアイコン(表示/非表示)をクリックする。

すると、スケッチが表示されて、
スケッチのエンティティーのエッジを
簡単につかまえられるようになる。

もう一つのスケッチエンティティの表示方法

履歴ツリー右上に>マークがあるのでくりっくすると
スケッチエンティティの表示/非表示の調整はできる。

スケッチエンティのコピー

新しいスケッチを書く時に使いたい中心線などは
必要に応じてコピーしてくる。

一番簡単な方法は、
ウィンドウズのアプリでおなじみの
目的のエンティティーを左クリック(選択)して
CTRL-C(コピー)とCTRL-V(貼り付け)する。・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする