レポ!TEKさんのSOLIDWORKS体験無料セミナーを受けてきた

ソリッドワークスを独学で使うことも可能だと思う。

ソリッドワークスに関する本も多く出版されているし、
ネツトにも使い方を説明してサイトが数多くある。

私も、ソリッドワークスの市販の本を2冊持っている。

私は、
1月からソリッドワークスの勉強をひとりで始めた。

PC上で動くCADは、はじめてじゃないし、
JW-CADとAUTOCADを触ったことがある。

とりあえず、CADインストラクターだったわけだし、、、

でも、自分で設計するわけでもなく、
はたまた図面をトレースするわけもなく、
誰かが描いた図面を印刷したり、
部分的に修正する程度しか必要がなかった。
だから、それ以上は使えない。

一度80代の大工の親方にJW-CADの使い方を教えたところ
次の週にはばりばりの平面図が出来上がっているのには驚いた。
さすが現役って感心した。

やはり普段から設計をしている方にはかなわないなって思った。

そもそもは、
PC上で無料で使えるCADソフトがあるというので、
JW-CADを興味がありダウンロードして使ってみた。

使った途端、私、すごい拒否反応が起こしたのを覚えている。

どうしてかって、
すごーいたくさんの機能がパソコン画面にぎゅーーって
詰まっていることへの拒否反応かな。
1.作図作業をメニューやマウス操作でおこなうところ
2.画面の上に所狭しと並んでいるアイコンの多さ
この2点でとにかく「ムズ!」って思ったから。
それ以上深入りするのを止めた。

たぶん、マニュアルもなくてネットの情報だけで、
ひとつひとつ使い方を紐解くほどキモチがはいってなかった。

今回、ソリッドワークスを使うまでに時間があったので
AUTOCADで3Dモデリングしてみたけど、
ほんと、ネットで基礎的な使い方をなめるように見た。

それほどPC上のCADソフトはやっかいだった。
今ではPC上でCADソフトを何の抵抗もなく使っているけど、
正直、拒否反応をおこしていた頃の私は、
こんなん使えん!って気持ちになり、
使いこなそうなんて気は微塵も起こらなかった。

でも、派遣で研究補助の仕事を通して、
飛躍的にウィンドウズに慣れ親しんだ。、
特にOffice関係は使いこなせるようになった私。

それは、
作業者としてOfficeを使わなくちゃいけなかったから。

だからウィンドウズのユーザインターフェースに
かなり慣れて精通した。

今回、ソリッドワークスを勉強をすることになり、
まったくソリッドワークスのことが分からなかった私。
そこで昨年末にTEKさんの無料セミナーに参加した。

「一日でソリッドワークスの全体像をつかむには
うってつけのセミナーだと思う」
興味のある方はコ・チ・ラを↓
● SOLIDWORKS体験セミナー

● 過去のセミナーの様子など(Facebook)

セミナーでは一人1台ノートPCを操作しながら、
3Dモデリング、アセンブリ、図面作成、解析までの
ソリッドワークスを体験できる。

こんな感じ。


場所は、東京駅八重中央口から地下に入り
(あ、もちろん地上からも行けますよ…私地下の方が分かりやすいので)
ユニクロ 東京駅八重洲地下街店の向かいの出口を出て
すぐの通り向かって左側にある日本橋KNビル4F。
あるいは、タリーズコーヒー 東京駅八重洲地下街店から出たら、
馬のモニュメントを背に歩き2筋目の通りを左折
向かって左側にある日本橋KNビル。

外観はモダンな感じのビルです。

実は、
昨年は、まだ手元にソリッドワークスがなかったので、
せっかくなんでセミナーで描いた3Dモデリングを
AUTOCADでもひととおり作成してみた。

両方使ってみた感じ、私の中では
3Dモデリングは圧倒的にソリッドワークスに軍配が上がるかな。

昔ながらの2次元の作図については、
癖がないぶんAUTOCADのほうがなじみやすいかも…。

各社さん4月になると新人さんが入社したり、
人事異動があったりして担当者がいなくなり、
ソリッドワークスを社内で即戦力として使いたい。
けど、使いこなせず
パソコンの中の眠っているなんてことありますよね。
引継ぎやら社内教育やらサポートやら
どうしたらいいんだろうなんて。

そんな時、TEKさんには経験豊富なスタッフが、
会社に出向いてオーダーメイドのトレーニングを実施
コンサルやサポートを柔軟に対応してくれる。

まずは、
東京をはじめ全国4箇所で開催されるセミナーに参加して
TEKさんは即戦力になるか
ご自身の目で確かめてはいかがでしょうか。

口コミでもかなり評判がいいとか…。

TEKさんのSOLIDWORKS体験無料セミナーを受けて
私について言えば、ここ連日のイライラから開放されました。
サクサクとスケッチもスムーズに進み、
あっとゆう間に押出、カットで3Dモデリングができました。

こんな複雑なスケッチもスイスイ描けてしまったのです!

会社にソリッドワークスがあるから活用したいという現場の方、
まずはソリッドワークスで何ができるのか実際に触って、
使ってみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする