とってもはしょったソリッドワークスの3D モデリングの流れ

ソリッドワークスではじめて作図をするキホンのキの流れは
こちらです。

今回はSolidworks2017を使い説明します。

①ソリッドワークスを起動する

デスクトップのソリッドワークスのアイコンをダブルクリック

➁モデルの新規ファイルを開く

表示されたソリッドワークスの画面にあるメニューかアイコンをクリックします。

  新しい部品(モデル)のファイルを開く

簡単なのは、アイコンをクリックして新規ファイルを開く

アイコンやメニューはソリッドワークスのロゴの並びにあります。
          メニューバー                  ツールバー

「部品」を選択し「OK]ボタンを押してモデル用の新規ファイルを開きます。

モデル作図用の画面が表示されます。

この作業画面には作図するためのメニューやツールが整理されてぎゅーっと詰まってます。

マウスの左のボタンを使ってツールを選択します。

③絵を描く(平)面をあらかじめ用意された正面・平面・右側面の3つの面から選ぶ

(個人的な意見ですが絵を描くための平らな面という意味で平面と言いますが
、予め用意されている平面と同じなのでまぎらわしいなぁと思います。私だけかな…)
正面・平面・右側面は原点を共有するかたちの標準の作図用の面です。
どれを選ぶかは、図面に展開した時に欲しい配置をイメージして決めます。

それと正面・平面・右側面の中心には原点があります。

モデルを作図する時に原点をどこにもってくるかがミソなんです。

ちなみに、
平面にベースのモデル(ネジ穴が開いた)を描くと下記のような配置になります。

【絵を描く(平)面を決める手順】

1.フィーチャーマネージャー履歴ツリーの「平面」アイコン(赤丸)を選択
2.コマンドマネージャーの「スケッチ」タブ(青丸)をクリック
3.コマンドツールバー「スケッチ」アイコン(青丸)をクリック
※フィーチャーマネージャーの「平面」アイコン(赤丸)をクリックし、
表示されたコンテキストメニューの「スケッチ」アイコン(赤丸)をクリック
してもよいです。
【注意】コンテキストメニューは幽霊メニューなので、
慣れないうちはすぐ消えてしまうのでご注意くださいまし。消えちゃったら
もう一度クリックする現れますよ。(⌒-⌒)ニコニコ

スケッチアイコン

画面には、無限大の紙が用意されます(※厳密には無限大ではありませんが…)。
原点の位置は赤のXY座標で表示されています。
スケッチモードオンだと、スケッチアイコンがグレーにマーキングされる。

作図のイメージとしては、
プロテニスプレイヤーが試合に勝つと透明なボードにサインしますよね。
そんなイメージでで目の前に透明なボードが用意されたと思うと良いでしょう!

④モデルの元になる2次元の絵(スケッチ)を描く

例えば、
お弁当箱のような長方体を描くには、
「スケッチコマンドマネージャー」の「矩形アイコン」をマウスの左ボタンでクリックして、
あらかじめ寸法値を直接入力モードにしておけば、
スケッチエンティ作図の際に寸法値を入力
マウスで原点をクリックしてカーソルを対角線上に動かし、
マウスから手を放します。

上図のように、縦軸の長さが表示される枠がでますので、
縦軸の長さを入れてEnterキーを押します。
続けて、同じく横軸の枠が表示されたら横軸の長さを入力し
Enterキーを押します。

※作図する時に原点をモデル内に置くことにより
後の作業がやりやすくなります。
例えば、作業中にモデルが画面上から消えてしまったとしても
原点を含んだ平面・正面・側面の
アイコンをクリックするだけで再び表示させることができます。

画面表示用のツールー群

矩形コマンドマネージャーの緑のチェックアイコンをクリックして
作業が完了します。

   緑のチェックアイコン

⑤描いた2次元の絵を押し出して3Dモデルを作る

スケッチした直後は、新たに履歴ツールにスケッチが追加され
水色にマーキングされスケッチがが選択された状態です。

なお、選択の状態は、色で判別できます。
黒     選択されていない

オレンジ  カーソルが乗った

水色    選択された

そのまま、フィーチャータブを選択すると、
コマンドアイコンがフィーチャー用のコマンド群に入れ替わります。
そこで、一番左に位置する「押し出し」アイコンをクリックします。

フィーチャーマネージャーが「押し出し」コマンドマネージャーに
切り変わりますので、押出したい長さなど必要に応じてオプション設定します。

リアルタイムに画面にその長さで押し出されたモデルがプレビューされます。

確認して、よければ、緑のチェックアイコンをクリックして
作業が完了します。

⑥ベースモデルが完成したら保存する

「ファイル」メニューの保存を選択し、
表示された「設定保存」画面で
名前をつけて「OK」ボタンを押して完了です。

3Dモデルを作図するおおまかな流れは以上です。
とっても簡単ですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする