ソリッドワークスでは作図の前に頭の中でイメージすることがポイント!

ソリッドワークスは、
平面に描いた2次元の絵を押し出したり、回転したりして
3次元のモデルのベースを作ります。

だから、モデルのベースは何通りも作り方があるんです。

小学校の算数で
この円柱の元になる2次元の絵はどれかな?
なんて授業がありましたよね。

ソリッドワークスでは、
モデリングを開始する前にモデルのベースになる2次元の絵を
どれを採用するか決めてモデリングを開始します。

これが後々
①図面にどのように配置(展開)したいか
➁リモデリングしやすいか
など2点に影響を与えます。

モデルのベースになる2次元の絵のことを
ソリッドワークスではスケッチと呼びます。

スケッチは、
あたかも祇にえんぴつで絵を描く作業です。